服用時の注意点 | 痛風の痛みはザイロリックで治療し、身体から痛みを消そう!
手に持ったときの大きさ

服用時の注意点

ザイロリックを使用して痛風の治療や予防を行ないたい、高尿酸血症の治療を行いたい……そのように思っているのであれば、必ず覚えておくべきことがあります。
それは何かというと、服用時の注意点や副作用です。
これらのことを知っていないと、治療を行っているのに一向に症状が改善されていかなかったり、副作用が原因で辛い思いをすることになってしまった……なんていうことになってしまう可能性もあるのです。
なので、服用する際には必ず服用時の注意点なども知っておきましょう。

まず大前提として、ザイロリックを服用する際にはアルコールの接種は控えるようにしましょう。
尿酸の値を下げたいと思っているのにアルコールを接種してしまっては下がるものも下がりませんし、そもそもアルコールと医薬品を同時に摂取してしまうと、身体に対して非常に悪い影響が出てしまう可能性があるのです。
なので、ザイロリックを服用する際にはアルコールの接種は控えるようにしましょう。
そして、このザイロリックは白血症の治療薬や免疫抑制剤と呼ばれる物と同時に服用してしまうと副作用が強く出る可能性があるので、もし同時に服用するのであればザイロリックの服用量を3分の1程度まで減らして服用するようにしましょう。

そしてザイロリックの副作用として、痒みや胸焼けなどの症状があることが報告されています。
これらの症状が現れた際、一時的なものであれば特に気にする必要はありませんが、もし長期的に症状が続いてしまったり、非常に強い痒みや胸焼けなどの症状が出た際にはすぐに病院に行き、医師の診察をうけるようにしましょう